当社では、「複数事業による経営リスクの分散」「B to Cの実業を自ら経営」を目的に、4期となる2010年夏にMT事業部を発足し、本社登記場所である「埼玉県川越市での外食事業」もスタートしました。

 

当時の当社は、役員2名+社員1名の超小企業であったため、世界一の朝食レストラン「Bills」や大人気cafe「Sign」などをプロデュースするトランジットジェネラルオフィス社、青山「Royal Garden Cafe」神宮外苑「森のビアガーデン」六本木「TSUTAYA ROPPONGI」などを設計した窪田都市研究所、著名料理研究家の松田美智子氏など、一流のパートナーの協力を得ることで、異業種参入を果たしました。

 

2010年7月29日にOPENした〈川越市場の森のビュッフェレストラン『Market TERRACE』本店〉は、川越卸売市場に集う新鮮食材を和洋中オールジャンルの創作料理にしてビュッフェスタイルで提供すると共に「小江戸の軽井沢」をコンセプトにしたお洒落な一軒家レストランであることが評判を呼び、当初からテレビ・新聞・雑誌・WEBの取材撮影が殺到し、テレビだけで20回以上報道されています。

 

OPEN後は、川越市内を中心に地元雇用したスタッフと数多くの地元農家・地元企業との協業にこだわりながら、「川越の新名所」と呼んで頂けることを誇りに、地元密着の企画運営を行っています。

 

2015年9月には、丸広百貨店様からの強烈なラブコールを受けて、2号店『Market TERRACE アトレマルヒロ店をオープンさせ、開業4年半でご来店者数が32万人を記録し、マーケットテラスは本店+2号店で2020年3月に累計ご来店者数100万人を突破することができました。しかしながら、その後発生した新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、残念ながら2号店は2020年7月末に閉店せざるを得ないと判断するに至りました。

 

一方で、本店はお客様のスマホを使用するオーダーバイキング形式に変化すると共に、ECショップ Market Terrace お取り寄せグルメ通販」のスタート&市内デリバリー・店頭テイクアウトの大リニューアルを実施し、「店外飲食サービス」の強化を図りました。

 

2021年2月には「店内飲食サービス」を1ヶ月休業してMT本店の大改修工事を行い、更に「安全・安心・健康&美味しい」を追求したニューノーマル時代のMarket Terrace 』として事業継続を図ります。

 

※詳細は、店舗HP(http://market-terrace.com)をご覧ください。