[MT事業部]「Market TERRACE アトレマルヒロ店」OPEN!

「小江戸の軽井沢」「小江戸の西麻布」から「小江戸の新丸の内」へ。
Market TERRACEの2号店&テイクアウト惣菜店が、
9/18(金)、アトレマルヒロ7F&B1Fに同時オープンいたします!

2010年7月に川越卸売市場の森に誕生した「Market TERRACE」は、
「小江戸の軽井沢」と呼称されるほどのロケーション・雰囲気の良さと、
市場や市内農家から毎朝仕入れる食材を活かした「こだわり料理」が好評を得て、
開業5年で累計35万人ものお客様をお迎えすることができました。

また、昨年6月には、「小江戸の西麻布」をコンセプトに、
「Market TERRACE」の1.5号店という位置付けのダイニングバー
「KOEDO LOUNGE by Market TERRACE」も本川越にオープンし、
ワンランク上の料理・飲み物・空間を好まれる高感度層の方々にお引き立てを頂戴しております。
これらは、ひとえに、ご指導・ご協力・ご支援・ご利用くださった皆様のおかげであると、
心より感謝しております。本当にありがとうございます。

そのような中、昨年末、丸広百貨店さんから、
アトレマルヒロ25周年リモデルに際してのテナント出店を打診されることになりました。
当初は、丸広百貨店さんからオファーされることは大変に光栄だと思ったものの、
「川越駅は、これからは西口の時代でしょう? 東口のアトレ?」
「出店費用も内装工事費も家賃も高すぎて無理です。当社は、お金は全くありません!」
ということで「実現性のない夢物語」として商談は即終了のはずだったのですが、
アトレマルヒロ幹部社員の方々の柔軟で前向きな調整力・行動力を受けて、
また、当社取引銀行幹部の方々の、やはり、柔軟で前向きな調整力・対応力を受けて、
文字通り、「社運を賭けた」一世一代の大勝負をする決断をいたしました。

企業体力から鑑みて、また、わずか5年の歴史しかない新参者であることから鑑みて、
「分不相応」という批判も少なくないかもしれませんが、
皆様におかれましては、より一層のお引き立てを頂戴できたら幸いです。

川越最西端の「川越市場の森」の中でつくり続けてきた「こだわり料理」は、
本年2月に上田知事より「埼玉S級グルメ」として
地産地消グルメ認定表彰を頂戴するに至りました。
その「こだわり料理」を、交通の便の悪い「川越市場の森」までご来店頂かなくても、
川越の玄関口・シンボルであり続ける「アトレマルヒロ」
7FレストランとB1Fテイクアウト惣菜店で、
観光客も含めて今まで以上に数多くの方々に気軽に楽しんで頂くことが、
市内契約農家&当社のコラボレーションならではの「地元貢献」でもあります。
同時に、7Fレストラン「Market TERRACE アトレマルヒロ店」は、
川越駅や東上線を見下ろす眺望を最大限に活かすと共に、
駅ビル内のテナントであることを強く意識したモダンな空間設計を行いましたので、
まるで、東京駅を見下ろすビル最上階レストランのリモデルのような仕上がりとなり、
アトレマルヒロ7Fレストランフロアのイメージを一新させると確信しています。

「小江戸の軽井沢」「小江戸の西麻布」から「小江戸の新丸の内」へ。
2015年9月18日、いよいよ誕生します!