当社では、「複数事業による経営リスクの分散」「B to Cの実業を自ら経営」を目的に、4期となる2010年夏にMT事業部を発足し、本社登記場所である「埼玉県川越市での外食事業」もスタートしました。

 

当時の当社は、役員2名+社員1名の超小企業であったため、世界一の朝食レストラン「Bills」や大人気cafe「Sign」などをプロデュースするトランジットジェネラルオフィス社、青山「Royal Garden Cafe」神宮外苑「森のビアガーデン」六本木「TSUTAYA ROPPONGI」などを設計した窪田都市研究所、著名料理研究家の松田美智子氏など、一流のパートナーの協力を得ることで、異業種参入を果たしました。

 

2010年7月29日にOPENした〈川越市場の森のビュッフェレストラン『Market TERRACE』本店〉は、川越卸売市場に集う新鮮食材を和洋中オールジャンルの創作料理にしてビュッフェスタイルで提供すると共に「小江戸の軽井沢」をコンセプトにしたお洒落な一軒家レストランであることが評判を呼び、当初からテレビ・新聞・雑誌・WEBの取材撮影が殺到し、テレビだけで20回以上報道されています。

 

OPEN後は、川越市内を中心に地元雇用したスタッフと数多くの地元農家・地元企業との協業にこだわりながら、「川越の新名所」と呼んで頂けることを誇りに、地元密着の企画運営を行っています。

 

2015年9月には、丸広百貨店様からの強烈なラブコールを受けて、2号店『Market TERRACE アトレマルヒロ店をオープンさせました。2号店は、ファミレス的な個人利用というよりも、川越を代表する企業・行政機関・学校・各種団体の「食べ放題&飲み放題パーティ」「100150名の貸切パーティ」の開催を主目的に開業したお店で、12月の忘年会シーズンなどは50組2000名以上のパーティ利用があることが特長です。

 

2019年夏、本店は9周年で累計63万人、2号店は4周年で累計27万人の来店者を記録。2店舗トータルで累計90万人ものお客様を迎え入れることができました。スタッフも2店舗併せて60(社員・アルバイト・パートの合計)が在籍し、「超ホワイト企業宣言」を元に、外食業界では異例といわれるほどのコンプライアンス100%遵守な運営を行っています。

 

いよいよ目前になってきた10周年&100万人突破を目指して、ますますブラッシュアップを続けていますので、川越まで足をお運び頂き、当社がこだわって直営しているレストランも是非ご利用ください。

 

※詳細は、店舗HP(http://market-terrace.com)をご覧ください。